子どもたちの支援

中国の辺境地区に、「春蕾小学校」130校建設

中国は、北京・上海など沿岸の都会は、近年めざましい発展を遂げつつあり、西側諸国とほとんどかわらない、豊かな情報と富と物資に恵まれています。しかし、西部地域をはじめとする、目立った産業のない、地方の生活水準はきわめて低いのです。ちょうど、日本の明治時代や、終戦直後のような、極端な貧しさの中で、文化的な生活から取り残されています。こうした辺境地区には、家計の貧しさから、義務教育すら満足に受ける余裕がなく、小学校途中でやむなく自主退学し、働き始める子供も多いのです。

中国では、都市部のめざましい発展にともなって、地方との格差が年々深刻になりつつあります。辺境地方では学校自体の数も少なく、建物はあっても照明器具がなかったり、倒壊する危険の高い、老朽化した建物だったりします。そして、ふつうの義務教育を、当たり前に享受できない子供が、現在でも100万人以上いるのです。 そして、そのほとんどが、女子の子供なのです。

こうした現状を聞き、深見東州氏が会長を務める特定非営利活動法人 世界芸術文化振興協会(IFAC)では、中国の最貧地区に130校の小学校を寄付することを、中央政府の中国児童少年基金会、中国婦女連合会に申し出ました。

2000年4月から、向こう13年間で毎年10校ずつ、IFACの寄付により、中国児童少年基金会と地元の教育委員会の三者が協力し、130校の建設が始まりました。現在までに、すでに100校が建設されました。寄付金総額は13年間で3000万元(約4億5千万円)にのぼる見込みです。

そして、このプロジェクトでは、校舎の建物を寄贈するだけでなく、学内の備品や1000冊以上の蔵書の図書館、またスライドやコンピューターなどの機材も提供し、ビジュアルで勉強できる設備も整えています。

その他、貧しい少数部族の30人の女学生を、北京で学ばせ、大学まで卒業させた「春蕾クラス」。また同じく、「樹人学校クラス」の30人。また、芸術クラスの30人などの教育もあります。その他、敦煌の100人孤児を育てるプロジェクトなど、様々な教育救済を行っています。

また、深見東州氏は、特定非営利活動法人 世界芸術文化振興協会会長として、「中国児童慈善家」として、中国国家より表彰を受けました。また、中国国家民政部より、「中華慈善賞」のベスト10人にノミネートされました。


前のページへ戻る

深見東州氏、「春蕾」高校クラスの開設のために寄付

中国児童少年基金会および北京市和平里中学は4日午後、「春蕾」高校クラスの開設式展を厳かに行なった。世界芸術文化振興協会の深見東州会長が、「春蕾」高校に向けて72万元を寄付、同校に通う女子生徒の北京での学習を支援する。

「春蕾」クラスの女子生徒30人は全国の11の貧しい民族地区出身。様々な人の援助を受けて北京市和平里中学を卒業したこれらの生徒は、中国児童少年基金会による援助の下、深見会長による寄付を受け、今後3年間の高校生活を送る。
深見会長は今年3月にも、中国児童少年基金会に3千万人民元を寄付、これらの資金は「春蕾」小学校100校の建設資金に充てられた。

「人民日報海外版」より
2000年9月5日


前のページへ戻る